集合住宅

投資用ワンルームマンションを賢く運用する

ワンルームマンションとは

部屋

投資用ワンルームマンションは金額の安さや家賃利回りの高さが魅力となります。サラリーマンでも負担なく購入できるので人気を集めているものです。課題となる管理について注意した物件選びを行うことで資産価値の高いものを手に入れることができます。

詳細

サラリーマンに人気の投資

お金

サラリーマンにもできる不動産投資として人気なのが投資用ワンルームマンションです。これはワンルームマンションを購入して賃貸に出すという方法です。不動産投資にはアパート経営やマンション経営がありますが、これらは莫大な建設資金が必要になります。しかし投資用ワンルームマンションなら、毎月のローンの支払いだけで投資ができるのです。しかも入居者の家賃をローンの支払いに充てることによって、最終的にはその部屋を自分の資産にすることができるのです。これが投資用ワンルームマンションのメリットです。この方法を成功させるには入居者を常に確保する必要があります。そのためには若者向けに内装を変えるなどの工夫が必要になります。

投資用ワンルームマンションを購入する場合に収益率を考える必要があります。収益率というのは、ワンルームマンションを購入する時の資金と、家賃収入の比率です。高額のワンルームを購入しても家賃収入が少ないと収益率が低くなってしまいます。反対に低額のワンルームを購入して家賃収入が多ければ収益率が高くなります。一番いいのは収益率をあまり高くしないで、安定経営を目指すことです。理想的なのは交通の便のよい中古のワンルームを手頃な値段で購入して、平均より安めの家賃で貸し出すことです。交通の便がよいというだけで入居者を常に確保できます。最近の若者はおしゃれなエントランスなどに惹かれるので、中古のワンルームを購入する時もマンション全体のデザインなどを考慮して選ぶことが1つの流れになっていきます。

マンションに投資

内観

投資用ワンルームマンションは、需要が高い点と、価格がお手頃な点で、人気となっています。需要の点では、都市圏の駅近くのワンルームであれば、独身者や一人暮らしの方に人気があります。価格の点では、コンパクトなワンルームであれば、毎月の支払いが10万円程度となります。

詳細

初歩からできる不動産投資

微笑む男性

投資用ワンルームマンションは初期投資額が少なく管理の手間がかからないため、初心者にも人気のある不動産投資ですが、売却時には大きな資産価値を期待できないため、売却のタイミングを間違えないようにしなければなりません。

詳細